正しきものは強くあれ

橘学園は土光敏夫(石川島・東芝社長)母・登美の創設した学校である。

英才教育なく個性教育であった。メザシの土光さん、電車通勤の社長さんで、母は「個人は質素に社会は豊かに」と言い続けた。